アレクシス・サンチェスの物語

★記事
★アンテナ
  • --年--月--日 --:--
  • コメント(-)
  • [タグ未指定]
  • スポンサー広告
  • アレクシス・サンチェスの物語

    sancez.jpg
    アレクシス・サンチェスはこの夏にバルセロナから3000万ポンド(約51億)という高額な移籍金でアーセナルへとやって来ました。1988年生まれの25歳は、週給にして13万ポンド(約2200万円)を受け取り、スペイン人モデルの恋人ライア・グラッシとロンドンで生活を始めます。

    今となっては誰もが羨むスターの一人ですが、最初からこのような金色の生活を送っていたわけではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Sadche1.jpg
    謙虚なはじまり:サンチェスはトコピヤという貧困にあえぐチリの鉱山の町で育った。

    Sanche2.jpg
    彼の人生は簡単な3択だった。鉱夫になるか。漁師になるか。サッカー選手になるか。


    アレクシス・サンチェスの弟ウンベルトは、彼の生い立ちから国際的な選手になるまでの旅についてインタビューに答えました。

    弟ウンベルト「アレクシスは全てのために戦わなければなりませんでした。何も持っていませんでしたから」

    「私達は貧しい者の中でも特に貧しく、アレクシスはお金を得るために子供の頃から何でもやってきました。2、3ペンスをもらうために車を洗ったり、見物人から少しのコインをもらうためにバク転をして見せたり。彼は小さい頃から体操選手のようで、いたるところで自身を投げていました。」

    「近所の人は楽しむために少しのコインを与えてくれました。とても空腹で、時々近所のドアをノックしてパンを求めることもあった。余裕のある人々は常にアレクシスをあざけり笑っていましたね。」

    アレクシス・サンチェス 母
    サンチェスは一階建てのボロ屋で姉妹のタマラ、マジョリー、弟のウンベルトと生活してきました。サンチェスが幼児だったときに父親は彼らを見捨て家を出て行きます。その後、母親のマルティナは生活のために魚の洗浄処理や、花を売るなど様々な仕事をしながら4人を育てるために必死で働きました。

    貧困の困難からサンチェスが唯一開放されたのはドロで覆われた通りで行う裸足のフットボールでした。幸運にも彼は優れていた。

    ウンベルト「このような貧しい背景が彼を作り、ピッチで成功するためにハングリーになります。彼はどれほど幸運に恵まれていたかを理解しています。自分がどこから来たのかを決して忘れません。」

    サッカー選手でなかった場合は「彼はこの辺りで働いている人達のように鉱山で働くことになっていたでしょう。月収30万ペソ(約5万4千円)のタフな人生です。この辺りで育ったアレクシスには3択しかありません。鉱夫になるか、釣り師になるか、サッカー選手になるか。

    Sanche3.jpg
    サンチェスは若いころ「エルニーニョ・マラヴィジャ(ワンダーキッド)」の愛称で呼ばれた。才能を見せはじめ「ワンダーキッド」と呼ばれる前、子供の頃から無限のエネルギーを持っていた彼は友人の間で「リス」の愛称でも親しまれてきた。

    最初に彼を発見したのは「Arauco」と呼ばれるユースチームの監督アルベルト・トレドで、彼が貧しさから月会費を払うことが出来なかったにも関わらずユースチームへの入団を許可した。サンチェスの突出した能力は少年期からで 1-0 で負けていたチームに彼が遅れて入ると8ゴールを叩き込み圧勝したという逸話もある。

    Sanche4.jpg
    サンチェスが2011年にバルセロナに加わる前は、チリのコブレア、アルゼンチンのリバー・プレート、イタリアのウディネーゼと順調な旅をしてきました。

    昨年のクリスマスは貧しい子供たちにお菓子やレプリカシャツを配るため、故郷のトコピヤに戻っている。彼の住んでいた場所を中心に、5つのユースサッカー場を回復するため16万ポンドを寄付している。

    少年のときに路上でサッカーをしていた彼が、今はオールド・トラフォード、アンフィールド、そして最も重要なエミレーツのピッチで戦うのです。振り返ると壮大な旅です。

    参考:Daily/Emol



    関連記事
    サンチェス獲得に歓喜するアーセナルサポ!ツイッターの投稿が面白い

    子供キッズ用綿100%フード付きサッカーアーセナルFCタオルポンチョ (60 x 120cm) (写真参照)子供キッズ用綿100%フード付きサッカーアーセナルFCタオルポンチョ (60 x 120cm) (写真参照)

    Arsenal
    売り上げランキング : 104100

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    あわせて読みたい【イングランド】の過去記事
    この記事に対するコメント
    56975 名前: 投稿日:2014/07/28 16:04
    このハングリーさは日本人には絶対生まれないよね
    だから優れたFWが出てこないんじゃないかなー
    56976 名前: 投稿日:2014/07/28 16:16
    こういう背景を聞くと応援したくなるよなw

    豊かな日本が勝てないのも分かる気がする・・・
    56977 名前: 投稿日:2014/07/28 16:29
    関ジャニの錦戸に似てるよね
    56978 名前: 投稿日:2014/07/28 16:40
    本人は移籍したくなかったのにスアレス資金のために放出されるとか可哀想すぎる・・・
    やっぱバルサってくそだわ
    56979 名前: 投稿日:2014/07/28 16:46
    スアレスのために放出したのは馬鹿だけど、別にバルサに限らずビッグクラブなんてそんなもんだろ。それを言ったらレアルはどんだけだよ
    56980 名前: 投稿日:2014/07/28 16:55
    システマチックなアーセナルのが合いそうだね
    守備的なセリエAでやっていた分順応が早そうな気がする
    56981 名前: 投稿日:2014/07/28 18:13
    たぶんハングリーさとか背景とか曖昧なことがFW育たない要因じゃなくて、多分人種だと思う…身も蓋もないけどさ。だってファンペルシーとか実家貧乏じゃないだろ。
    56982 名前: 投稿日:2014/07/28 19:51
    日本代表の面子なんてみんなそこそこ恵まれた中流家庭の出身だろうからね…苦労人気取りの長友だって実際はそう
    まあそもそも今の世の中底辺じゃ子供を将来スポーツの世界で一人前にさせられるほどの金も時間もない
    56987 名前: 投稿日:2014/07/28 23:55
    最後の写真はコラじゃないのか
    56999 名前: 投稿日:2014/07/29 12:17
    花を売るか




    スマホ版QRコード
    QR
    このブログについて

    SportsDQNをフォローしましょう

    マニアックな海外のサッカーネタをお届けするブログ。

    相互リンク・RSSについて・その他のお問い合わせ、ブログの詳細については こちらをクリック
    逆アクセスランク
    熱い記事
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。