ユベントス、アッレグリ監督の就任会見…ピルロとの問題について

★記事
★アンテナ
  • --年--月--日 --:--
  • コメント(-)
  • [タグ未指定]
  • スポンサー広告
  • ユベントス、アッレグリ監督の就任会見…ピルロとの問題について

    アッレグリ
    ユヴェントスは、突如退任を発表したアントニオ・コンテ前監督の後任として、元ACミランの監督であったマッシミリアーノ・アッレグリ監督を就任させると発表した。アッレグリ監督は、コンテが成し遂げた3連覇という重い遺産を恐れてはいないと記者会見で語ります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    アッレグリ「私はACミランを指導して、今度はユヴェントスを率いることができて幸運だと感じています。誰にでもできることではありません。コンテは偉業を成し遂げた。私の目標は4連覇をしてスクデットを獲得することと、欧州の舞台で上手くやることだ。我々はチャンピオンズリーグで戦うが、ユーヴェはベスト8に入らなければならない。」

    「欧州の舞台では収入の面でまったく異なるビッグクラブたちと戦うことになるだろう。我々はアトレティコ・マドリーを模範にする必要があるね。ユーヴェは欧州でも戦える賢明な移籍市場の戦略があります、ビダルやポグバといったワールドクラスの二人を指揮できることが嬉しいよ。
    (レアルから加入すると報じられる)モラタはチャンピオンになる可能性を秘めていますね、私は技術的な面で彼を評価している。」

    jvnt.jpg
    アッレグリの就任に反対し、ユベントスの幹部と話し合いを求めるウルトラス


    アッレグリ「これは青天の霹靂だった。ここにこれて光栄です。ユーヴェの歴史と伝統、私はこのベンチがいかに重要なものかを理解しています。私は貢献し、勝ち続けていきたい。私はサポーターが懐疑的なを理解しています。24時間で全てが変化したのですから。プロ意識を持って仕事をして、彼らの気持ちを変えたい。コンテは非常に大きな存在です」

    -ピルロとは問題ないのか?

    ピルロと私は常に素晴らしい関係だった。まだ電話はしてはいない。3年の時を経て、ここで再会出来て私は幸運だ。最高の選手ですから、彼と私の間に問題にはなかったよ。彼のクオリティーに疑問を感じたことはない、ピルロは常にディフェンスラインの前でプレーしていた。それが彼の役割でしょう。何度か左インサイドをやっただけだよ。


    ピルロ ミラン時代
    2012年5月11日、2年前にピルロはガゼッタ・デッロ・スポルトのインタビューに答えた際、初めて2011年夏にミランを去った理由を語った。インタビューの重要な部分を振り返ってみたい。

    -ミランに過小評価され、追い出されたと感じますか?


    「そうだね。契約の更新ついて話したとき、私は3年契約を求めたんだが、彼らは1年間の契約を提示してきたんだ。私は満了を迎えるほかの選手たちよりも若かったからね。

    でも、移籍の本当の理由は違ったんだ。アッレグリはディフェンスラインの前にアンブロジーニやファン・ボメルを置きたかったんだ。その場合、私は役割を変えなければいけなくなる。だから「お断りだ」と言ったんだよ。そして私はユベントスを選択した。移籍したのは金銭的な理由ではないと言っておきたい」

    -つまり、技術的な選択だった?

    「ミランは私がもう多くを出来ないと決めつけていた。あの話し合いの中ですぐ分かったよ。アッレグリはほかの選手たちを好んだんだ」

    -ミランは放出して後悔しているでしょうか?

    「わからない。でもシーズン中に、多くのミランのチームメートたちから「ピルロがいない事を感じる」と言われたよ。僕は満足している。勝ったのだから」


    ユベントスは 2009-10、2010-11シーズンに 7位と低迷期を迎えたが、2011-12シーズンからアントニオ・コンテ監督が就任し3連覇を達成した。ピルロがミランを追い出されユベントスに加入したのも 2011-12シーズンからである。

    Gazzetta/2



    我思う、ゆえに我蹴る。アンドレア・ピルロ自伝我思う、ゆえに我蹴る。アンドレア・ピルロ自伝
    アンドレア・ピルロ アレッサンドロ・アルチャート 沖山ナオミ

    東邦出版 2014-02-20
    売り上げランキング : 26436

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    あわせて読みたい【イタリア】の過去記事
    この記事に対するコメント
    56472 名前: 投稿日:2014/07/17 16:12
    ミランは当時ズラタンもいたからなー
    あれはあれで良いシステムだったと思う

    結果としてユーベに負けちゃったけどねw
    56473 名前: 投稿日:2014/07/17 16:32
    ミラン追い出されたアッレグリもかわいそうだった
    戦力どんどんと抜けてゴミしか残ってないのに結果だけ求められてたしw
    ユベントスなら戦力も揃ってるしやれると思うな
    56474 名前: 投稿日:2014/07/17 16:35
    当時ピルロを放出する意味がわからんかったわ
    ユーベ行ってからすげー活躍してミランは2位で終わってるしアホかとw
    56475 名前: 投稿日:2014/07/17 17:05
    ピルロがいたら、本田の境遇って少しは変わったのかな。

    少なくともモントリーボみたいに精度の悪いロングパスを連発することはなかっただろうけど。
    56483 名前: 投稿日:2014/07/17 20:35
    ※56474
    そう?少なくとも体力面やパス・ミドル精度の衰えはあったでしょ(ユーベに移籍して復活したけど)。中核だったから本当に移籍するとは思わなかったけど、ピルロシステムが限界に近かったのも事実。イブラと相性よくなかったし、まわりのMFも前ほど走れなくなってたし。




    スマホ版QRコード
    QR
    このブログについて

    SportsDQNをフォローしましょう

    マニアックな海外のサッカーネタをお届けするブログ。

    相互リンク・RSSについて・その他のお問い合わせ、ブログの詳細については こちらをクリック
    逆アクセスランク
    熱い記事
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。