ドイツ対ガーナ…複雑な心境を語るボアテング兄弟

★記事
★アンテナ

ドイツ対ガーナ…複雑な心境を語るボアテング兄弟

boaten.jpg

左:ドイツのボアテング(弟)
右:ガーナのボアテング(兄)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ代表のDFジェローム・ボアテングと、ガーナ代表のMFプリンス・ボアテングは対決を控えて、複雑な心境を語った。

ジェローム・ボアテングとプリンス・ボアテングは、父親が同じで母親が違う異母兄弟であり、同じドイツのベルリン出身で、ドイツのユース代表でも活躍した二人だ。

プリンス・ボアテングはドイツの移民である父親の母国、ガーナを選択した。それまでドイツU-21の代表だったがA代表に選ばれたことのなかったプリンス・ボアテングはガーナ代表としての資格を有していたため、ガーナ代表を選択する。

boateng2.jpg
ドイツとガーナは2010南アフリカワールドカップでも同じ組に属し、ワールドカップで史上初となる兄弟同士の対決が実現した。その際、プリンス・ボアテングに対するドイツサポーターのブーイングは凄まじいものだった。

そして、運命の悪戯か今回の2014年ブラジルワールドカップでもドイツとガーナが再び対戦する事になる。

 
弟のジェローム・ボアテングはFIFA公式のインタビューで、「兄との対決を控えて正直複雑な心境だ。兄とはいつも頻繁に連絡していましたが、最近は(W杯が近いので)連絡していません。私はワールドカップに集中しています。」と述べ、戦いに集中することを誓った。

boateng_201406220040148de.jpg
兄のプリンス・ボアテングはインタビューで「死ぬまで戦う。古代ローマのようなものだ、ガーナとドイツの戦いを見たいと思っている人がいます。より勝利を強く望んだチームが勝つでしょう。」ガーナのスターはドイツとの一戦を前に気合を入れた。

プリンス・ボアテングは、同じ歳で、同じようにアンダー世代の代表だったサミ・ケディラを選んだドイツ代表を見返したいと考えています。

ブラジルのフォルタレザで鳴らされる両国の国歌はプリンス・ボアテングにとってとても感情的なものです。

参考:BBC/Mirror





国内製造 テング ビーフステーキジャーキー 113.4g国内製造 テング ビーフステーキジャーキー 113.4g

鈴商
売り上げランキング : 199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あわせて読みたい【ワールドカップ】の過去記事
この記事に対するコメント
54949 名前: 投稿日:2014/06/22 02:58
いい話だと思ったら最後に天狗ジャーキーってw
ドイツ人からしたら裏切り者だろうな
54950 名前: 投稿日:2014/06/22 03:40
兄ちゃんの方の母方の爺さんが54年のW杯の優勝メンバーに確かいたんだよね
結局実力次第にはなるけど、ドイツ代表を選択してくれたら
話題的にも万々歳って思われてる中、ゴタゴタもありつつガーナを選んだから
その爺さんを知ってる世代からも反感を食らったらしい
54951 名前: 投稿日:2014/06/22 05:19
父ちゃん、モテすぎ。
54952 名前: 投稿日:2014/06/22 06:05
父親の遺伝子優秀すぎるだろ
54953 名前: 投稿日:2014/06/22 07:14
テング兄がミランの10番の座を捨ててくれたから
本田がその地位を手に入れられた。
今は内田のチームメイトでありプレーの良き理解者
感謝してるよ
54954 名前: 投稿日:2014/06/22 08:51
W杯で兄弟が相手チームとして戦うだけでも、奇跡なんだけど
それを4年後にもう1度繰り返す
しかも、ともにピッチ上に立っていたから凄すぎるよな

で、2度目もドロー、しかも両方とも途中で交代と、仲良すぎだなw
54955 名前: 投稿日:2014/06/22 09:30
54950
弟の方だったはず。
フリッツヴァルターだっけ。




スマホ版QRコード
QR
このブログについて

SportsDQNをフォローしましょう

マニアックな海外のサッカーネタをお届けするブログ。

相互リンク・RSSについて・その他のお問い合わせ、ブログの詳細については こちらをクリック
逆アクセスランク
熱い記事
スポンサードリンク