ピルロ、イングランド戦のパス成功率95.4%…パスミスはわずか5回

★記事
★アンテナ
  • --年--月--日 --:--
  • コメント(-)
  • [タグ未指定]
  • スポンサー広告
  • ピルロ、イングランド戦のパス成功率95.4%…パスミスはわずか5回

    pirlo_gerad.jpg
    14日に行われた、イタリア対イングランドの一戦は2-1でイタリアが勝利した。イタリア代表のアンドレア・ピルロはゴールを決めたわけではありませんが、テレビの前で見ていた世界のファンを感銘させました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    pirlo_gerad_2.jpg
    完成された数字です。この日のピルロは108本のパスを出し、ミスをしたのはわずかに5回のみ、成功率は脅威の 95.4%。続いても同じくイタリア代表のデ・ロッシ105本中、成功99回、成功率は94.3%。
    2人だけで200本近いパスを通している。

    イタリアはこの日、全体を通しても非常にパスの成功率が高く、602本中561回成功、成功率は93.2% を記録しています。アレーナ・アマゾニアの高温多湿な中でもアンドレア・ピルロ、マルコ・ヴェッラッティ、デ・ロッシなどの選手は、中盤を支配し続けた。

    ger.jpg
    一方でイングランドの中盤、ジョーダン・ヘンダーソンとスティーブン・ジェラードはアズーリの流れるサッカーを止めるために多くの時間を費やした。実際にイングランドの選手はそれにより疲労が蓄積し、ジェラードをはじめ数人の選手が痙攣を訴え地面に倒れていた。


    イタリアの先制ゴールは35分にコーナーキックから生まれたが、これはマルキージオが得点をするまでの間に行われてた複雑なパスの繰り返しによるところが大きく、常に触っていたピルロが突然スルーしたところから生まれたものです。

    Italy-midfielder-Andrea.jpg
    彼はチーム同様に自分も良い試合をした事を理解しています。

    ピルロ「イタリアは勇敢だった。暑さがひどかったけど、自分たちの良いプレーができたね。多くの困難はありましたが、我々イタリアは強いチームだということを分かっています。」

    ピルロ「(クロスバー直撃のFKについて) 残念だったけれど、重要なのは勝つことだった。(共存できないと言われていたヴェッラッティについて)問題ないよ、この方針で続けていくのが良いと思う。」

    イタリアは21日にコスタリカと、イングランドは20日にウルグアイと対戦する。

    Via:Gazzetta/Daily




    関連記事
    【W杯D組】注目の強国対決、イタリアVSイングランドは2-1でイタリアの勝利!(動画)

    我思う、ゆえに我蹴る。アンドレア・ピルロ自伝我思う、ゆえに我蹴る。アンドレア・ピルロ自伝
    アンドレア・ピルロ アレッサンドロ・アルチャート 沖山ナオミ

    東邦出版 2014-02-20
    売り上げランキング : 9544

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    あわせて読みたい【ワールドカップ】の過去記事
    この記事に対するコメント
    54640 名前: 投稿日:2014/06/16 01:04
    これでピルロ引退だもんなー
    まぁ次のWCには40近いから仕方ないけどさ
    54643 名前: 投稿日:2014/06/16 02:36
    力抜けてる様な感じであんま走らないんだけどね 不思議とゲームを支配する
    ピルロが凄すぎて他が霞んで見えた。 ピルロに魅了された試合でした
    サッカーファンにはたまらん試合
    54644 名前: 投稿日:2014/06/16 03:06
    なんだかんだ本番に鳴るとイタリアつえーよな
    イングランドはいつも微妙w
    54645 名前: 投稿日:2014/06/16 03:07
    ピルロだけじゃなく他の選手もまあ~走らないチームだな。あんなに走らないチームだっけ?
    54648 名前: 投稿日:2014/06/16 04:38
    芝の状態が悪いとはなんだったのか
    54649 名前: 投稿日:2014/06/16 05:45
    精度、タイミングがドンピシャすぎるわ
    54650 名前: 投稿日:2014/06/16 07:33
    イングランド、突破はいいんだけどなあ
    連携しての突破みたいなのがあったらなぁ
    さすがのイタリア
    54651 名前: 投稿日:2014/06/16 08:52
    試合中も言われていたよね、完全にフリーでいるって。
    ゴールから遠いってのもあるけど、そこから相手にしたら本当に嫌なパスを通すのだから気が抜けない。
    54653 名前: 投稿日:2014/06/16 10:30
    ピルロ本人のフリーになる動きも流石だが、デロッシの存在も大きいと思う。
    54655 名前: 投稿日:2014/06/16 11:43
    時期に消耗して力尽きそうだから今のうちに堪能しておこう
    54657 名前: 投稿日:2014/06/16 13:29
    デ・ロッシが効いてるな、
    パスする相手が寄せられそうな時は自分でためて別の相手に出せるからな。
    ピルロもデロッシがいるからあんだけ自由にできるし寄せられても余裕があるわ。
    これが足元ないCBならこのシステムは廻らんだろな。
    あくまでデ・ロッシとピルロが中盤より後ろにいてこそのシステムだな
    54660 名前: 投稿日:2014/06/16 15:59
    これでピルロが抜けたらデロッシとヴェッラッティでこれやるのかな?
    隙がないというかうまく世代交代してる感じだね
    54663 名前: 投稿日:2014/06/16 17:35
    あれだけ難しい縦パスを入れて、この成功率ってあり得ないわ
    こんな選手2度と出てこないかもね、本当に素晴らしい




    スマホ版QRコード
    QR
    このブログについて

    SportsDQNをフォローしましょう

    マニアックな海外のサッカーネタをお届けするブログ。

    相互リンク・RSSについて・その他のお問い合わせ、ブログの詳細については こちらをクリック
    逆アクセスランク
    熱い記事
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。