ブラジルW杯の公式応援グッズ「カシローラ(Caxirola)」が人気!しかし会場には持ち込めない可能性

★記事
★アンテナ
  • --年--月--日 --:--
  • コメント(-)
  • [タグ未指定]
  • スポンサー広告
  • ブラジルW杯の公式応援グッズ「カシローラ(Caxirola)」が人気!しかし会場には持ち込めない可能性

    caxirola4.jpg
    2010年南アフリカワールドカップで使われた応援グッズ「ブブゼラ」は様々な議論を呼び話題となりました。そして4年たった現在、ブラジル大会へ向け応援用楽器「カシローラ」が人気を呼んでいる。

    「カシローラ」は2個1組セットで、釣鐘のような形をしており、輪っかに指を入れて振るとマラカスのようなザラザラとした音が鳴り響く。高さ約10cm・直径8cm。カシローラの製造シェア90%を占める中国浙江省の製造工場では、欧米諸国からの注文が殺到して今は大忙しだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    caxirola3.jpg
    126525695_14005913326131n.jpg
    caxirola1.jpg
    日本国旗の入ったカシローラも出荷準備中。


    caxirola2.jpg

    しかし、実際に試合が行われるスタジアムに持ち込めるかは不透明だ。
    アフリカW杯で使われた「ブブゼラ」は爆音が問題となったが、「カシローラ」にもサイズ的にとても投げやすいという問題点がある。

    2013年4月28日に開催されたECバイーア対ECヴィトーリアのリーグ戦の試合において、バイーアのサポーター先着5万人にこのカシローラを配布したところ、敗れたことに腹を立てたサポーターが次々とカシローラをピッチに投げ込み試合を妨害するという出来事があった。

    Caxirola2_20140521212613ca9.jpg
    Caxirola1_201405212126102d2.jpg
    また、相手サポーターに投げつける武器として使用する者も現れたため、同年6月に行われたコンフェデレーションズカップでは持ち込み自体が禁止された。


    Caxirola3_2014052122160528b.jpg
    FIFA公式オンラインショップで販売されるカシローラ


    現時点でFIFAから会場への持ち込みを禁止する発表などはされていない。しかし、試合の進行を妨げる恐れや安全性の問題から持ち込みが禁止になると噂されている。

    参考[新華ニュース/サンパウロニュース/FIFA




    実際の使い方がこちらの動画で紹介されています。







    なんだか凄く練習が必要なアイテムっぽい?




    カシローラ 日本 サッカー 青 ブルー  カシロラ2個組カシローラ 日本 サッカー 青 ブルー カシロラ2個組

    BUONA VITA
    売り上げランキング : 8969

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    あわせて読みたい【ワールドカップ】の過去記事
    この記事に対するコメント
    53303 名前: 投稿日:2014/05/21 23:03
    なんかブブゼラが酷かったからそれ以外だったらなんでもいいや
    どうせテレビ観戦だしw
    53304 名前: 投稿日:2014/05/21 23:13
    マラカスでよくね?
    53306 名前: 投稿日:2014/05/22 03:40
    一般客にマラカス売れるわけないだろ
    53307 名前: 投稿日:2014/05/22 03:47
    いやな煩さだし絶対投げ込まれるからアカンてこれ
    53309 名前: 投稿日:2014/05/22 07:09
    一個1kするのかw
    サッカー協会がタダで配れよ
    53344 名前: 投稿日:2014/05/22 10:17
    これはTENGAの最新作か?
    53365 名前: 投稿日:2014/05/22 14:48
    ブブゼラはほんと酷かったな
    それより簡単に投げれる形状だから持ち込み禁止だろうな




    スマホ版QRコード
    QR
    このブログについて

    SportsDQNをフォローしましょう

    マニアックな海外のサッカーネタをお届けするブログ。

    相互リンク・RSSについて・その他のお問い合わせ、ブログの詳細については こちらをクリック
    逆アクセスランク
    熱い記事
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。