長友が先制点アシスト、インテルは勝ち切れずミリートが痛恨のPK失敗でドロー(動画)【セリエA第32節】

★記事
★アンテナ

長友が先制点アシスト、インテルは勝ち切れずミリートが痛恨のPK失敗でドロー(動画)【セリエA第32節】

13/14 イタリア セリエA 第32節

長友
 インテル 2-2 ボローニャ
1-0 マウロ・イカルディ(前6分) ← 長友アシスト
1-1 ミケーレ・パチェンザ(前35分)
2-1 マウロ・イカルディ(後18分)
2-2 パナギオティス・コネ(後28分)
× インテルにPK、ディエゴ・ミリートが蹴るもセーブされる(後44分)
◇ インテルの長友佑都はフル出場
このエントリーをはてなブックマークに追加
セリエA第32節が5日に行なわれ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとボローニャが対戦。長友は、2試合ぶりに先発出場した。

 ホーム戦に臨んだインテルは序盤から攻め込むと、開始6分に先制点を挙げた。長友が左サイド深くでボールを受けると、右足でクロスを供給。最後はゴール前のマウロ・イカルディが、左足のダイレクトシュートを合わせ、ゴールネットを揺らした。(中略)

 インテルは、83分にロドリゴ・パラシオがペナルティエリア内で倒されて、PKを獲得。勝ち越しの絶好機を得たが、途中出場していたディエゴ・ミリートの放ったシュートはGKの好セーブに遭い、勝ち越しゴールとはならなかった。

 2度追いつかれたインテルは、3点目を挙げられずにタイムアップを迎え、2-2のドロー。3試合連続の引き分けで、4試合勝利なしとなった。なお、長友は5試合ぶりにフル出場した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140406-00180145-soccerk-socc


ハイライト


長友タッチ集


予備



ミリートPK
ミリートPK
ミリートPK失敗


マッツァーリ監督のコメント抜粋

マッツァーリ
「我々は特殊な試合が続いていたのでプレッシャーを感じていたのかもしれない。数々のチャンスがあったのに、まるで勝つことに恐怖があるかのようだった。コバチッチ。エルナネスは非常によくやってくれた。」

「今シーズンのインテルを見てくれている人は、我々がEL出場権を得るのに値するチームだと感じてくれているはず。サッカーは科学ではないし、今日は何が起きたのか分からないよ」

ミリートのPK失敗について。

「PKを外すという事は誰にでも起こることです。ミリートはカンピオーネですし、PKのスペシャリストでもあります。まあ確かに今日はミスしてしまいましたけどね。たぶん、我々はPKを蹴ることに不慣れになっているんだよ(苦笑い)」※インテルは今シーズン初のPKだった。

「私は不運だとは言っていませんよ。偶然の出来事に泣かされたと言っているのです。ボローニャのゴールを見れば、彼らが運に恵まれていたと言えるんじゃないでしょうか。PKのミスもこれらの特殊な時期が影響しているんです。」

「我々はミスを修正するために、常に努力をしていますが許すゴールが特殊だというのはありますね。今日なんかも長友が冷静であれば、あのように抜かれることはなかったでしょう。」

「3月のベローナ戦ではハーフタイム中に怒鳴り散らしたことがありました。今回のリヴォルノ戦では怒鳴るのを避けていたのですが、結果としてロッカールームを破壊するほど怒ってみせるべきでしたね。」Via:inter




インテルAA



長友佑都体幹トレーニング20長友佑都体幹トレーニング20
長友 佑都

ベストセラーズ 2014-03-21
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あわせて読みたい【イタリア】の過去記事
この記事に対するコメント
51323 名前: 投稿日:2014/04/06 15:39
マッツアーリ可哀想になるよな
ミリートはもういいだろう
点の取れるFWとろう
51324 名前: 投稿日:2014/04/06 16:45
入ってすぐの金バケにPK蹴らすなよ…
キッカーはパラシオかLなんですだろjk
51363 名前: 投稿日:2014/04/07 07:25
あれは抜いた相手を褒めるべきのような・・・




スマホ版QRコード
QR
このブログについて

SportsDQNをフォローしましょう

マニアックな海外のサッカーネタをお届けするブログ。

相互リンク・RSSについて・その他のお問い合わせ、ブログの詳細については こちらをクリック
逆アクセスランク
熱い記事
スポンサードリンク